お墓や墓石、仏事・法要についての豆知識 ―忌日と法事/お盆

お墓・霊園・墓石の株式会社加登 お墓に関するご相談、承っております。
お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせ 資料請求 お電話でのお問い合せは 03-5733-4100
TOP・霊園のご案内新着情報お墓や仏事・法要について加登TOKYOについてお問い合わせ

TOP・霊園のご案内お墓や墓石、仏事・法要についての豆知識
お墓や墓石、仏事・法要についての豆知識
永代使用権・管理料
墓地・霊園
お墓や墓石、仏事・法要についての豆知識(墓豆)
忌日と法事
「忌」というのは、己をいましめるという意味です。
忌中は他事に心を奪われてはいけないということをいましめています。
人が亡くなって四十九日間を忌中、または中陰、中有といいます。
この間に死者は次の生をうけて生まれ変わるのです。
忌中は七日ごとに追善供養をして、死者の菩提を祈ります。

四十九日
法事というのはもともとは仏法を広めたり、修行したりする仏教行事のことをいったのですが、今では亡くなった人の追善供養を行う忌日の行事をさしてそういうようになっています。
法事は四十九日までは七日ごとに忌日があります。
四十九日は霊が家を離れるとされ、この日には忌明け法要を行います。
施主は亡くなった人の追善供養として、僧侶に布施をし、施主にかわって読経をしてもらい後生善処を祈ります。
読経や法話が終わりますと、一同で焼香をし、お墓があればお墓に行って納骨をします。
納骨式を済ませると、施主は参会者にふるまいをします。

新盆
亡くなってはじめてまわってくるお盆を新盆や初盆といいます。
七月十三日(旧盆の地方では八月)には夕方に迎え火をたき、十六日には送り火をして、霊を迎えまた送ります。
新盆には墓参りをします。
墓参りのとき、燃えくぼりの線香やしぼんだ花をきれいにし、雑草などをとり清掃します。
水桶、柄杓、雑巾などは忘れないように用意をしていく必要があります。
ただ、最近の霊園では備え付けのものがあるので、その必要はないかもしれません。
墓石に水をかけるのは、仏様に水をあげるのですから、きれいにした墓石に静かに心をこめてかけてください。

祥月命日
亡くなった人の亡くなった月日を祥月命日といいます。
一年に一度は必ずまわってくるわけです。
この日には仏壇に灯明焼香をし、墓参りをして故人の冥福を祈りたいものです。

月忌(月命日)
亡くなった人の亡くなった日のことです。
毎月一度あるわけですから、年に12回あるわけです。
霊園によっては代行して花を供えておいてくれるところもあります。
その場合は献花料を前もって支払っておかねばなりません。
しかし、できるだけ自分の手で供養したいものですが、遠いところに転勤したり転居した場合には、心づくしになるでしょう。

百か日・一周忌以降
百か日・一周忌以降の法事については表にしましたので参考にしてください。

仏式(法事)
神式(霊祭)
初七日 近親者と親しい人だけで供養する。
祭壇の飾りを簡素にする。
十日祭 帰家祭と十日祭をいっしょにすることもある。
仏式初七日とおなじ。
二七日 遺族だけで供養する。
(五七日は忌明けの供養を行う場合もある)
二十日祭 三十日祭と五十日祭をかねることもある。
三七日 三十日祭
四七日 四十日祭
五七日
六七日
七七日
(四十九日)
忌明けとなる。
僧侶を招いて法要をする。
祭壇も片付ける。
法要のあと、ふるまいをし、お返しをする。
白木位牌から本位牌にかえて仏壇におさめる。
五十日祭 忌明けとなる。
仏式の四十九日とおなじ。
新盆 霊棚を飾って供養する。 彼岸 新盆は行わず、春秋彼岸の中日に祖先を祭る。
百か日 ていねいな供養をし、
ふるまいをすることが多い。
百日祭 祭は故人の霊位と写真を祭り、榊花、
供え物をして神官を招く。一周忌
一周忌 一年祭
三周忌 これまでは半喪服。
亡くなった翌々年。
三年祭
七回忌
十三回忌
十七回忌
二十三回忌
二十七回忌
三十三回忌
三十七回忌
五十回忌
百回忌
これからあとは遠い法事となる。
三十三回忌を年忌どめといわれる。
五年祭
十年祭
二十年祭
三十年祭
五十年祭
百年祭
明治以前は神仏混淆だったことから
仏式と似ている。
お盆
旧盆 7月13日〜16日
月遅れ盆 8月13日〜16日
お盆はさまざまな仏教の年中行事のなかでも最も広く親しまれ、日本人の生活に根付いている行事のひとつです。
正式には盂蘭盆会(うらぼんえ)といいます。
盂蘭盆会とは、インドの古い言葉であるサンスクリット語(梵語)で逆さ吊りの苦痛を意味するullambanaに漢字を当てたもので、もともと盂蘭盆経というお経に出てくる仏説に由来するものです。
釈迦の高弟のひとりである目連は、地獄の餓鬼道に堕ちて飢えと渇きに苦しんでいる母を見かね、釈迦の教えに従って、多くの僧を招き、さまざまなご馳走を供えて供養したところ、母を地獄から救い出すことができたそうです。
この話から、祖先の霊を我が家に迎えて供養し、その功徳によって苦しみの世界から救い出し、浄土に送りかえす盂蘭盆会の行事が生まれたとされています。
日本では、先祖の霊が帰るという古くからの民間信仰と、仏教の盂蘭盆会とが融合して、現在のお盆の形になったと考えられます。
古くは、7月15日を中心に行われていましたが、先祖に長く逗留してほしいという気持ちから期日が延び、7月13日〜7月16日までとするのが一般的です。
明治時代に新暦(太陽暦)が採用され、7月が農繁期に当たるようになってからは、一ヶ月遅らせてお盆の行事を行う月遅れ盆が多くなっています。
会社のお盆休みの8月の半ばをお盆とされている方も多いのではないでしょうか。
最初の日を迎え盆(お盆の入り)、最後の日を送り盆(お盆の明け)といいます。

お盆の準備としては、まず、家庭の仏壇・仏具を清め、お盆の入りには仏壇の前に精霊棚を設けます。
精霊棚は盆棚、霊棚、魂祭り棚などとも呼ばれ、お盆の間、先祖の霊をお迎えするために準備します。
伝統的には、しの竹の柱を四方に立ててその中に棚を設けますが、最近ではあまり見かけなくなってきています。
一般には、仏壇の前に小机か台を置き、真菰のゴザを敷いて棚をしつらえることが多いです。
花、季節の野菜や果物、菓子、故人の好物などを供え物とし、蓮の葉の上に少量の水をたらした閼伽水や、刻んだナスと洗い米を清水に浸した水の子なども一緒に供えます。
先祖の位牌や灯明、香炉などを仏壇から出して精霊棚に並べる場合もあります。
また、先祖の霊の乗り物として、きゅうりでつくった馬とナスでつくった牛を供えるしきたりもあります。
現代では、部屋が狭いため、精霊棚を設けず、仏壇の中に供え物をする形式が多くなっているようです。

浄土真宗の教えでは、亡くなった人は皆、阿弥陀如来の功徳によって、極楽浄土に生まれ変わっているとされています。
このためお盆も先祖の霊がこの世を懐かしがって、あの世から帰ってくるとか、この世の人の善行や施物を死者に回向し、供養しなければ死者は往生できないというような考え方をしません。
したがって、家庭では他宗のように先祖を迎えるための精霊棚はつくりません。
ただし、僧侶を呼んで棚経を上げてもらうことはありますが、これは先祖に対する感謝の法要という意味になります。
地方によっては、他宗と同じようにお供えをすることもあります。